3・4月期のテーマ"サーブ" - テーマレッスン|経堂インドアテニススクール

3・4月期のテーマ"サーブ"

3・4月期は『サーブ』がテーマとなります。年に1回しかない『サーブ』を集中して練習できる機会ですので、皆さまにレベルアップして頂きたいと思います。


 

初心クラスでは、ストローク中心だけにイメージがわかないと思いますが、体の使い方では、フォアハンドストロークと良く似ています。後足→前足・横向→前向と体を使うところが同じです。練習のチャンスがあれば右手と左手の使い方、上手にトスアップが出来るように習得していきましょう。

 

初級クラスの方は、まずグリップとフォームを覚えて下さい。グリップは、出来ればボレーのような(薄い)グリップで練習ができたらいいですね!上のクラスに上がった時に役に立ちますよ!フォームは、大まかにいうと、構え→テイクバック・トス→スイングの流れです!最初は、上げたトスとのタイミングをはかるのも難しい方もいると思います。なので初めは、打点にラケットを用意し、そこにトスを投げ入れる練習からスタートし、徐々にラケットを担ぎ、横を向き、構えたところからと練習するのもいいですよ!

 

初中級クラスでは、まずは“高い打点で面を作る”事の出来るボレーのような(薄い)グリップで練習をしていきましょう。打球のイメージは、後ろから前ではなく、下から上へ振り上げるように!面を作ります。トスを上げる際に膝を使ってしまう方がみられます。膝が伸びきってしまうことで、下半身からの運動連鎖が使えなくなってしまいます。トスアップは腕全体で行い、膝は逆に沈み込むように☆!です。もっと細かく説明すると、前足への体重移動後、膝の曲げ伸ばしで下半身と上半身のねじれを戻し、胸の張りを作り、それを使って肘からボールへ向かって振り上げるのです。この下半身からの運動連鎖をインパクトに集中する事で腕力以上のもの凄い力とスピードが生まれます。

 

中級クラス以上では、ゲームでのサービス(先手)の有意性を考えると、ダブルフォルトは避けたいし、ボールに回転をかけることで、スピードをコントロールし、バウンド後、軌道が変化してくれるスライス・スピンサーブをマスターしておきたい。これらは、打点や体の向きなど、スウィングの方向で異なりますが、下半身からの運動連鎖を使った全身によるラケットの振り上げ動作で、ヘッドスピードを上げていかなくてはならないのです。一般的に回転をかける為には、最初に説明した薄いグリップが必要となります。やはり最初が肝心です♪

 

フラット・スライス・スピン…とサーブにも様々な球種がありますが、とにかくサーブは、つま先から指先までの運動連鎖を使った全身運動だと思って下さい!

 

●サーブのルールについて

 ・ベースラインを踏んだり、コート内に入ってサーブを打つと、“フットフォルト”となり、サーブが入っていてもフォルトになってしまいます!

 ・レシーバーは、サーバーが打ったボールがコートにバウンドする前に、打ったり、触ったりしてしまうと、サーバー側のポイントになってしまいます!

 

テニスにもいろいろとルールがあります!知らない方も多いと思うので、気をつけましょう☆


1月のおすすめ技術向上講座スケジュール

※下記スケジュールをクリックすると詳細が確認できます。

3/8(日) 18:40~19:35 : サーブ&レシーブからのラリー

3/13(金) 13:05~14:00 : サーブ&レシーブからのラリー

3/29(日) 19:45~20:40 : サーブ&レシーブからのラリー